the world was not enough

物語偏愛者の詭弁と戯言

ヒトリエ ✕ UNISON SQUARE GARDEN『nexUs vol.4』

ヒトリエが主催するツーマンライブ『nexUs』、vol.4がUNISON SQUARE GARDENというアツすぎるゲストだったので迷わず行ってきた。この組み合わせ、さすがにアツすぎてヤバすぎるんでは、と思ってはいたけれど、本当にアツくて最高で、ライブ終わってから「ありがとう!!!!赤坂BLITZ!!!!」というテンションで撮った写真が全部ブレブレで笑った。

https://gyazo.com/7bbe1e7e2b813eb3827e78eb2a0477de

最初にステージへ上がったのはUNISON SQUARE GARDEN。斎藤(Vo)の「MC無しッ!」というシャウトを皮切りに、1曲目から『天国と地獄』でガッツリ盛り上がる。


UNISON SQUARE GARDEN「天国と地獄」LIVE MUSIC VIDEO

まいったのはそこから本当に一切のMCを挟まず約1時間ぶっ続け。この日は現地到着がギリギリになってコインロッカーが確保できず、かばんもコートも持ったままだから後ろで大人しくしてようとか思ってたけど甘かった。そんな余裕一切与えてくれねーっつーか、このバンド完全にホストのヒトリエ食いに来てんだろってぐらいの容赦ないセトリだった。圧巻は終盤、鈴木のドラム・ソロから入って『fake town baby』『シュガーソングとビターステップ』『オリオンをなぞる』という鬼のようなコンボ。自分はUNISONのライブに来るのは実はこれが初めてで、まぁやっぱり定番どころでオリオンは聴きたいけど、さすがにもう古めだしどうかなー、タイバニ新作発表にカコツケてやってくれないかなーとか思ってたんだけど、本当にやってくれるとは思ってなくてびっくりした。

そしてライブで生で見て改めて知ったのは、このバンドむっちゃくちゃ上手いなってこと。ヒトリエのwowaka(Vo)がこの日のMCで「UNISON SQUARE GARDENは日本で一番カッコイイバンドだと思ってる」って言ってて、つい真顔でうなずきまくってしまったぐらい。録音された音源で聴いていると、ついキャッチーでメロディアスでテンションが上がるってとこだけ着目しちゃうんだけど、Mステ出演の度に話題になる田淵(Ba)のパフォーマンスは、ライブだと箱を沸かせる起爆剤に他ならないし、鈴木もまた華麗に流れるようでいて、力強い音を響かせてくれる。一見荒々しくもある彼らの演奏に、斎藤のハイトーンでよく響くボーカルが意外なぐらいにマッチして、このバンドは本当にこの3人だからこそ様になる、最高にバランスが取れたバンドなんだなぁというのを実感した。そして彼らの演奏を初めて見るのがアリーナクラスの会場じゃなくて、それなりの狭さのある箱で本当によかった。あの空気はもう忘れられない。

と、いうぐらいにUNISONで高まりすぎてしまったので、幕間でTwitter検索してても「ヒトリエ大丈夫か?!!」みたいなツイートをちらほら見たりしたんだけど、そんなもん大丈夫に決まってんだろ当たり前だって話で。UNISONが日本一カッコイイバンドだとしたら、ヒトリエは日本一踊らせるバンドだった。


ヒトリエ 『トーキーダンス』MV / HITORIE – Talkie Dance

ヒトリエでは特に『トーキーダンス』が好きなんだけど、この曲の中でも「踊っていいよ 踊っていいよ」と繰り返され、そして『イヴステッパー』でも「我を忘れて踊れ」と煽られる。彼らの曲は、UNISONのように真正面から全力でテンションを上げにかかってくるようなキャッチーさとは少し異なるが、wowakaのボカロP時代より「中毒性」と称されていた異様なまでのbpmの速さと、wowakaの技巧的かつ感傷的なボーカルが感情へ訴えてきて、棒立ちで聴くことなど許さない。

ヒトリエがデビューしたときは、あの「ボカロを使ったDTMだからこそ可能な音楽」と思えていた楽曲の魅力が、そのまま人間の手で再現されていたことに度肝を抜かれたのを憶えている。ゲストバンドを「日本一カッコイイ」と称える一方で、これほどの難易度の曲を1時間演奏し切るヒトリエもまた技量は高く、間違いなくカッコイイ。自分はボカロから彼らに入っているので、どうしてもボカロファンとしての視点を持つことは避けられないのだけど、この日の夜はそんなことは関係なく、ただそこを満たす音に踊らされていた。ボカロライブの、様々な思いが去来することによる感動とは違う、純粋な音による興奮。

ただ、それでも嬉しかったのは、アンコール前の終演最後の曲として、wowakaが「これからもずっと長く歌っていきたい曲*1」と紹介して、これを演奏したことだった。


hitorie「Unknown Mother Goose」/ヒトリエ 「アンノウン・マザーグース」

*1:ぶっちゃけ興奮しきってたのでうろ覚えだけど、そんなようなことは言ってた。