そのねこがうたうとき

物語偏愛者の詭弁と戯言

音楽・VOCALOID

私と初音ミク #ボカロ曲10年10選

10年だそうです。10年前と言えば自分はまだ10代です。結構びっくりしてます。そんなに経ったのかと。 正直言いますと自分が初音ミク、VOCALOIDを聴き始めたのは2008年なので、個人的なボカロ歴としてはまだ10年にはなりません。そもそも自分と初音ミクのファ…

砂の惑星を歩き続けて随分経った

まとまらない感想というか、思いのようなものを走り書きます。まとまってなくてもいいから、取りあえず今このときに書くしかねーなこれはという感じがしたので。 VOCALOIDの楽曲を意識的には聴かなくなってだいぶ経ちます。学生の頃は毎日のようにはてブ経由…

CHAIN THE BLOSSOMというナナシスの1つの到達点

3rd LIVEの日程が発表されたときは早いなと思ったんですよ。2ndから1年ないので。曲数とか大丈夫なのかなって。おまけにその後もThe QUEEN of PURPLEのデビューに始まり、777とミニユニットには結局ほとんど曲が行き渡らず、ライブ直前に発売された『ハルカ…

INTO THE 2ND GEAR―ナナシスと「駆け上がっていく」ライブ

【Tokyo 7th シスターズ】2nd Album「Are You Ready 7th-TYPES??」SPECIAL TV SPOT[TYPE B] Tokyo 7th Sistersことナナシスの2ndライブ『INTO THE 2ND GEAR』行ってきた。よくよく考えると声優のライブってたぶん初?(ボカロで「中の人」が出るようなイベン…

Ghost in the cell - 初音ミクの受肉

金沢21世紀美術館に初音ミクの細胞が展示されると言うので見てきた。詳細はこちら。 賛否両論? 遺伝子を扱うアート集団BCLが初音ミクの細胞を展示 - インタビュー : CINRA.NETはてなブックマーク- 賛否両論? 遺伝子を扱うアート集団BCLが初音ミクの細胞を…

今更、本棚の10冊で自分を表現する

何番煎じだという感じだけど自分の現在位置確認にもなりそうなので。零細ブログなので流行りのネタに乗ってアクセス増えるとか思ってないです。 あなたの人生の物語 / テッド・チャン The Indifference Engine / 伊藤計劃 利己的な遺伝子 / リチャード・ドー…

8年の歳月と武道館の重み

もうボカロ曲を漁ることはほとんどなく(というか音楽自体最近あまり聴けてない)、ボーマスなどにも行ってないし、そんな自分が「VOCALOIDを追っている」なんて自負していいとは思えないのだが、やっぱり8年近くの長きにわたって好きで居続けてよかったと、…

改めて BUMP feat. MIKU 見直して泣いた話でもします?

BUMP OF CHICKEN WILLPOLIS 2014(初回限定盤) [Blu-ray]posted with amazlet at 15.02.08トイズファクトリー (2015-02-04)売り上げランキング: 41Amazon.co.jpで詳細を見る 昨年のBUMP OF CHICKENツアー『WILLPOLIS』の東京ドーム公演で『ray』が披露され、…

マジカルミライ2015が実現できるように

SEGAミクさんと二度目の対面を果たしました。マジカルミライ2014、あーボカロ追っててよかったなーと思えるイベントだった。 席はS席とはいえ最後列近くだったんでミクさんがよく見える感じではなかったのだけど、逆に二階席だったこともあって、会場全体が…

人はなぜ初音ミクを語るのか

初音ミクはなぜ世界を変えたのか?posted with amazlet at 14.06.14柴那典 太田出版 売り上げランキング: 3,083Amazon.co.jpで詳細を見る ブームに一歩遅れてレビューすることが多いことで知られるブログです。別に知られちゃいないです。つわけでやっと読み…

45分たった1500円で管弦楽を聴いてきたなど ~ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン~

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンに行ってきた。普段クラシックなんてさっぱり聴かないけど、このイベントはよかった! なんじゃそら?って人向けに簡単に言うと、短時間かつ低料金のクラシックコンサートを3日間複数会場使って開催しまくるっていう祭典…

「入れて」を言えなかった子どもと、白浜坂高校合唱同好会

白浜坂高校合唱同好会という合唱団体に参加することにした。 それってなんぞ?という人はこのブログで過去に記事書いてるんでそっち参照(TARI TARIと合唱祭と、文化の裾野を広げるということ - そのねこがうたうとき)。要はTwitter合唱団。以前から粒谷区…

音楽のジャンルがいまだによくわからん

わからん。 原因はジャンルを起因として音楽を聞いていないからだと思う。ロックとかクラシックとか大きな括りではさすがに区別を付けているが、オルタナとかグランジとかトランスとかそういうのがさっぱりわかってない。 でもボカロ界隈では楽曲の検索性を…

BUMPに青春を捧げ、初音ミクに夢を見た世代として

5年ぶりぐらいにBUMPの曲を買ってしまった。 これまでにも初音階段の例があったり、虚弱。が『affection』で使っていたりと、メジャーなバンドが初音ミクを起用することはあるにはあったんだけど、今度はまた随分なビッグネームが来ましたねという気分。昨深…

中の人がついに5人揃ってMATSURI DA DIVA

東京ドームシティホールのMATSURI DA DIVAいってきました。やっと当たったー。DIVAミクさんが出るイベントも3月9日のイベントも実のとこ初めて(とはいえ全部応募してきたわけではないのだが)。今まではライブ・ビューイングに甘んじておりましたが、実際会…

赤い公園とガールズバンドとアニソンと

今年は「赤い公園」が来そうってことでいいのだろうか。 赤い公園 - 風が知ってる 【 TVアニメ『とある飛空士への恋歌』EDテーマ】 - YouTube フジテレビ土ドラ「ロストデイズ」主題歌 赤い公園「絶対的な関係」ティーザー - YouTube 一昨年メジャーデビュー…

『ZIGAEXPERIENTIA』変わりゆく音と、変わらない音

「初音ミクが好き」と一言で言っても、楽曲の幅はロックからクラシカルなものからジャズから様々あるわけだし、また声質が好きなのか、キャラクターに萌えるのか、現象として面白いと言っているのか、捉え方は一様ではない。だから初音ミクという存在に対す…

SEBASTIAN Xが楽しすぎてこまけぇこととかどうでもよくなる

SEBASTIAN X / サディスティック・カシオペア - YouTube これ参った。楽しい。ひたすらに楽しい。音楽性とかコード進行とか、そういうの「楽しい」を前にすると全部無力になる。単に語る言葉を持ってないだけだろって? ほっとけ。 最近さよポニとかmiaouみ…

『夏祭初音鑑』はボカロ文化のその先に(※ネタバレ有り)

夏祭初音鑑、特別演出版を観てきた。ミクLIVEはこれまでミクパを2回ライブビューイングで観たことはあったんだけど、生でミクを観たのはこれが実は初めてだったり。生でミクを観るってのもなんか不思議な表現ですね。ライブビューイングだろうとどっちでも映…

TARI TARIと合唱祭と、文化の裾野を広げるということ

朝日新聞デジタル:架空の「白浜坂高」、東京都合唱祭に ツイッターで集う - カルチャーはてなブックマーク- 朝日新聞デジタル:架空の「白浜坂高」、東京都合唱祭に ツイッターで集う - カルチャー すげーよかった。 去年放送したアニメ『TARI TARI』の劇中…

『THE END』観てきたけど評価しづらい

世界初のVOCALOIDオペラこと『THE END』観てきたので感想をば。といってもオペラ見た経験ないし、元々行くつもりなかったところをたまたまチケット入手して行った感じですので、あまり語れる内容もないです。ストーリー上のネタバレは一応なし。 全体を通じ…

そして再び、『Piece of Cipher』に巡り逢う

ボカロに興味を持ったきっかけは『ブラック★ロックシューター』で、決定的に好きなったのは『サイハテ』を聴いたときなのだが、CDを買ったりとかイベントに行ったりとか、本格的にボカロクラスタとして侵されていく決定的な1枚になった曲と言えば『Chaining …

「公募型合唱団」という形に、21世紀的な趣味の形を見出すなど

珍しく合唱の話なんぞをしてみる。元々僕は合唱部にいたり一般の合唱団に所属していたことがあり、演奏にも鑑賞にもかなり興味を持っているのだが、なぜかこの娯楽は若い愛好者が少ないような気がしてる。まぁオーケストラとかオペラとか、クラシカルな音楽…

ボーマスは行けるが「超」ボーマスには行けないというメンタリティ

ボーマスは行ける。文フリも行ける。コミケも行ける。が、超会議は勇気が要る。このどうしようもない断絶について。 ボーマスは何度か行っている。初めて行ったのはボーマス9で、初めて買ったCDはElektlyzeの「Piece of Cipher」だった。今回はその再編集版…

もうそこに、VOCALOIDの影はなく

たまたまランキング1位の動画を見てみたらすさまじかった。いや、いい意味で。ボカロ曲って大別すると「VOCALOIDとしてのキャラソン(ex:ハジメテノオト)」と「全然ボカロ関係ない曲を歌わせてるもの(ex:メルト)」になると思うんだけど、仮に後者の曲でも…

牛丼をかきこむおっさんたちの頭上から、そのときODDS&ENDSが響いてきた

5年前なら考えもしなかったし、今でもシュールな光景だわなぁと思うのだが、今日実際に表題のような状況に出くわした。ちょうどあれは紅生姜をトングで掴みとったとき。それまで聞き流していたJPOPのBGMが、突然聞き覚えのあるイントロに変わったのだ。必死…

初音ミクに片思いし始めて、もう5年になるようです

初音ミクを聴き始めた時期と、僕がネットで「くろじゅ」を名乗り始めた時期はわりと重なっていて、というより大学入ってgdgdネットばかりやるようになったことでボカロもはてなも始めるようになったというべきで、そう考えるとここ5年ほど、自分がネット…

ファミマミクさんがうちにやってきた

うっわビックリしたー。欲しいとは思ってたけどまさか一発で当てられるとは。ミク loves ファミマキャンペーンでやってるHappyくじ、まぁ戯れにと思って3回ほど引いてみたわけですが、それがA賞D賞E賞とかどんだけ運が良かったのか確率計算したくないこわい…

ACTAを巡る子供たちの誤解と、VOCALOIDを聴ける世界

(追記 8/1) 米欄に「リンク貼らせてもらいます!」っていう書き込みが多いので不安になってきました。まず断っておくと、僕は著作権の専門家でもなんでもない、ただのボカロが好きなサラリーマンです。僕がこの記事で言いたかったことの一つに、「著作権に…

「合唱」を扱ったサブカル作品が最近増えているけど、合唱ブームはきっと来ない

元合唱部の私ですが、見事にホイホイされてTARI TARI見ました。1話目はいろんなところで言われているけど、「あれ? 花咲くいろはって続編は映画じゃなかったっけ? テレビでやることにしたの?」という印象。相変わらずぶっ飛んだ設定のキャラクターばっか…