そのねこがうたうとき

物語偏愛者の詭弁と戯言

継続的な更新を心がけるより、ネタを探せ

「エントリーを上げない日が2日以上続かないようにする」。これを信条にブログを続けてきていますが、なかなか難しいものでもあります。純粋にプライベートに時間を取られる故、ブログを更新している暇がないときがあるのがひとつ。もうひとつはネタが浮かばないとき*1

そもそも、そんな自分ルールを科す意味があるのか?ということですが、ブログはリアルタイムで情報が書き換えられていく生のメディアですし、継続的な更新を意識することは必要だと思うのです。また、なるべく時間を空けずに更新をする癖をつけることにより、エントリーを上げることが習慣化しやすくもなります。日記や受験勉強が「最初の1週間が肝だ」と言われるのと同じこと。一度習慣化してしまえば、その後長期的に続けていくことは案外容易いのですよね。だからこういったルールの下でブログを続けていくことは、ある程度意味があるんじゃないかと思っています。

でも、ネタがないときにまで無理に更新をすることに意味はあるのか。こちらについては少々疑問を抱いてはいます。何も書きたいことがないのに、どうにかこうにかエントリーを構築したところで、結局ろくなものは出来ないのですよ。そんなものを残すぐらいなら、ちょっとぐらいエントリーを上げるのをお休みして、これだ!というネタを見つけたときのみ更新するようにした方が良いのではないかと思います。ただ、だからといって「良いネタが見つからない」状態が続いたために、更新が何日も滞ってしまっては、これはこれで困るわけですが。

どちらかといえば、「継続的に更新する」というルールそのものよりも、「ネタを見つけられるよう努力する」ことの方が大切なんじゃないかと思います。ネタさえ見つかれば、嫌でもエントリーを上げるモチベーションになるのですから。フィードを購読するときにしても、常に問題意識をもって取り組んでいれば、エントリーに昇華することができるネタが見つかるかもしれません。

今日はエントリーにするネタがなかったがために、「ネタがない」こと自体をネタに昇華するという一足飛びなことをしてしまいましたが、今後はこういう無理はしないようになればいいなーと思います。精進精進。

*1:今日もこれです。ハイ。