そのねこがうたうとき

物語偏愛者の詭弁と戯言

就活が始まります

今月1日にリクナビやマイナビなどの大手就活サイトの2011年版がオープンして、僕も当然のごとく登録させてもらった。大学3年、本格的にいわゆる「就職活動」を始めるのはまだ少し先だけど、それに先駆けた準備がもう始まっている。インターンの説明会も今月がピークだ。

口下手で内向的でオタク趣味な僕にとって、就活はもう考えただけで憂鬱になる。できることなら働かずに生きていける手段はないか(ニート乙!)とか、就活せずに職に就けないかとか本気で考えている。や、もちろんそんな甘い話は(滅多に)ないのだけれど。でも出来ることならどっかで何とかなってくれないだろうか。ホント憂鬱だ。

ここまで半年間書いてきた、このブログが僕の人と成りをそれとなく示していると思うんだが、カテゴリーが脈略ないことになっている通り、僕自身も脈絡のない人間だ。中学の頃は幼稚なウェブ制作に没頭していた。高校時代は音楽をやっていた。大学でのことはブログであまり書いてこなかったけど、新聞部に入り、バイトもちょっと新聞っぽいことをやらせてもらっている。そしてそのどれもが中途半端な経験なので、何を売りにしたらいいのか本気で困っている。もっと何か、ブレてもいいから一つ、ずっと打ち込むことを持っていればよかったなーと、今になって思う。

そんなこんなで不安だらけなのだが、取りあえず僕にはウェブがある。それなりの情報収集スキルがあり、アウトプット手段としてのブログがある。これだけはどうにか味方につけながら、これからの就活を乗り越えていきたい。幸いなことに、就活開始前に僕はブログを始めていた。だからこれから経験することは、すべてここの中に記していける。僕が様々なエントリーから情報を得たように、この記録が誰かの役に立てれば幸いだ。そしてブログを書くことで、僕自身何か得るものがあればいいと思っている。

と言うわけで、ちょっと趣が違うというか、僕のオフラインの日常に密接に結びついた「就活」カテゴリーが、今日から始まります。よろしければご覧下さい。