読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのねこがうたうとき

物語偏愛者の詭弁と戯言

破……?

仮設5号機を巡る展開には正直唖然とした。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』を観てきた。いや、ネタバレするような度胸はないが……。なんだこれは!なんだこれは!と、映画中盤辺りから今に至るまで、ずっと心の中で叫び続けている。本当になんだったんだ、これは。

予告編などの前情報を見た限り、所詮はTV版の流れに沿っていくのだろうと思っていたのだが、あくまでTV版は踏襲するのみで、まったく新しいエヴァを見せられた。『序』のときの、あの懐かしい落ち着いた感じでありながら、それでもどこか新しい、という生易しい映画じゃない。本当に『破』。どちらかというと、「は……?」と呆けそうになったが。評価はかなり割れる気もするが、僕としてはかなり満足がいった。非常にいいものを見せてもらった。

映画でここまで興奮してしまったのは久しぶり。恐ろしく体力を消耗する映画だったな……。去年のポニョのときのように、ネット上でまた多くの言説が飛び交ったりするのだろうか。気が向いたら何か書こう。