読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのねこがうたうとき

物語偏愛者の詭弁と戯言

3回目ともなるとミサトに惚れる

サブカル

結局エヴァを3回見てしまった。4500円と考えると自分でもびっくりする。シネコンのポイント貯まって次回鑑賞無料になっちゃったんだけど、これはもっかい行けってことなのか……。

さすがに3回も観ると目の付けどころも変わってきて、今回はミサトさんに涙腺を刺激された。歳なのか自分? でもあまりミサト萌えエントリーはないみたいだから、書く。もうエヴァ関連エントリー乱立も収まってきてるけど。

ネタバレ回避用動画(梨本P『なれのはて』)




その手は掴めなくとも背中を押す

やっぱりチルドレンばっかり着目されるけど、ミサトさんだって変わったよね。昔の男*1と飲んでも仕事の話。「自分より重いものを背負っている」と、チルドレンの方を気遣う台詞。父(加持)とセカンドインパクトの呪縛に振り回されてた旧世紀版との明らかな差異。たぶん今回のミサトは、シンジのサルベージが成功したその夜に男と寝たりはしないんだろう。

最初に涙腺を刺激されたのは、家を出ていくシンジとの玄関での会話シーン。あのミサトがシンジに対する自己投影を認め、謝罪するという印象的な場面。それでもなお彼女が彼を引き留めようとしたのは、結局彼女の身勝手さの象徴なのかもしれない。でも、あの独白の意味するところは大きいだろう。そして彼女は、「手を握る」という形でシンジと接触しようとする。だけど、『序』の終盤では手を握り返してくれたシンジが、今度は無言でそれを避けてミサトから離れていく。

今回も保護者としてシンジに接しきれなかったわけで、そういう点では成長がないようにも思える。でも今度のミサトは、「保護者失格だー」などと自暴自棄にはならなかった。それを描写するだけの尺が取れなかっただけ? いやいや、そうじゃないでしょう。他者への嫌悪を、自己嫌悪にすり替えることはしなくなったってことでしょう。

その後の第10の使徒戦では、彼女はただシンジを見守る。自分の手を離れたところで、一人で目的に向かってadvanceしていく彼に、「行きなさいシンジ君!」と叫ぶ。いつもは説教臭いだけのミサトが、あのシーンでは力強くシンプルにシンジの背を押す。自己の願望の投影ではなく、ただ彼のために叫ぶ。これにはホント、無条件で泣けたなァ。シンジのための台詞であると同時に、ミサト自身を救う台詞でもあると強く感じた。

サードインパクト

今回のサードインパクトは、なぜ起こったんだろう。起きたのは初号機の「神化」と、ゼルエルのコアからのレイのサルベージ。アダムとリリスの融合という条件は満たしていないように見えたが、やっぱりコアに手を出したのがまずかったんだろうか。

「神」と化した初号機。特徴は赤く煮えたぎるようなカラーリングに、使徒を彷彿とさせる天使の輪と羽。これらはセカンドインパクトを引き起こしたであろうADAMSと、「真のエヴァンゲリオン」ことMark.06もまた有している。あの輪こそが「本物の神」の条件なのか。ゲンドウは初号機を覚醒させ、Mark.06と同じく「神」に変えようとしていたのか。そしてサードインパクトで特徴的だった巨大な「穴」は、あの輪が拡大して出来上がったものだった。

神って何なんだ。リツコさんの説明台詞は長くて覚えきれないけど、曰く「ただ人の願いを叶える為に、エヴァがエネルギーの凝縮体?へと姿を変えている」。そしてそれは、「この世の理を越えた存在」であり、「まったく新しい生命体の誕生」を意味し、「その代償として、これまでの生物は滅ぶ」。シンジの願いを叶えるため、エヴァは神となり、その代償に人類は滅びるのか。それがサードインパクトだとしたら、旧世紀版と変わらない。また彼に人類の未来を委ねるのか。

だけど、サードインパクトを止めたのはロンギヌスの槍だった。EOEでサードインパクトを誘発した存在が、今度はサードインパクトを止めるという捻れ。ゼーレの待ち望んだMark.06に乗りながら、シンジの幸せを願うというカヲルの思惑。旧世紀版では困難だった、LCLの海*2からのサルベージに成功している海洋研。少しずつ、何かが狂ってきている?

次回予告

銃殺された加持が、今度は銃を構える逆描写。レイとちっちゃい綾波さん×2。「運命を仕組まれた子どもたち」のナレーションの中、集まる影はカヲルを除いて4人。シンジ、レイ、アスカ、マリと考えるのが順当か。おまけにカヲルは、なんか頭身が伸びている気がしたが気のせいなのか。エヴァ8号機はもはやエヴァに見えない。時折挿入される「KEEP-OUT」のカットは速過ぎて読めなかったが、どうも1枚1枚記述内容が違ったっぽい。DVDが出たら要確認。「見覚えのあるシーン」なんてのはまったく出てきそうになく、ついに完全なる「まったく新しいエヴァ」が姿を現すんだろうな。あと2年、いや3年先か。

*1:実は今回その直接的な描写がないから、確定はできないんだけど。

*2:確定描写なし。