読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのねこがうたうとき

物語偏愛者の詭弁と戯言

それでも僕がTwitterをやらずにいる3つの理由

インターネット

最近Twitterがすごい。本当にすごい。その可能性を論じるエントリーやら、メリットを並べるエントリーやらがかなり増えてきていて、「みんなTwitterやろうぜ!」って空気がひしひしと感じられる。こういう状況になるとやっていない人間としては肩身が狭いもので、せっかくだから天邪鬼に「Twitterをやらない理由」を挙げてみようかと思ってエントリーにしてみた。後悔はしていない。

誰もがTwitter充になれると思うなあ! うがー!

1.コミュニケーションが意外に緩くない

まずこれに尽きる。Twitterは「ユルいつながり」を売りにしているようだが、果たしてそこまで緩いのか疑問に思う。

Twitterはフォロー、フォロワーという関係で、誰に対して発信しているかが明確だ。そのつぶやきはつまり、一対特定多数のコミュニケーションという形を取る。これってユルいのだろうか。相手が目に見えていると、やっぱり読者を想定して「つぶやき」の幅が狭められることにならないだろうか。

あと、やっぱり「Twitter独特のコミュニティ」が出来ているなあと感じる。buzztterの上位ワードでも、たまにわからない言葉が出てたりする。いわゆる「内輪ネタ」ってのだ。そりゃはてなだって「村」として一種独特の雰囲気を醸しているわけで、どんなソーシャルサービスでも同じことなんだろう。ただTwitterの場合、そのコミュニティに交じってコミュニケーションを成立させていかなくてはならないので、上手くその独特の空気に入り込めなかった場合の「孤立」が怖い。

僕にとってのユルいコミュニケーションの理想系ははてブ。誰が読んでいるかよくわからない、不特定多数対不特定多数のコミュニケーション。たまにidコールで一対一で呼ばれるぐらいがちょうどいい。特定他者への働きかけが不可欠なTwitterは、ちょいと敷居が高い。

2.発信へのモチベーションが曖昧

ブログ以上に「誰に向けて」「何を」「何の為に」発信するのかが曖昧な気がする。いろんなところでTweetを目にする機会があるけど、まったく意味のないように思えるものからブログに書いた方がいいんじゃね?と思えるものまであって、非常に迷わされる。

誰に向けて発言すればいいんだろう? フォロワーを意識すべき? それとも独り言でいいのか? でも独り言ブツブツ言ってて果たして意味があるんだろうか。それともそれは、タイムラインやらリアルタイムなムーブメントといった、全体を作り上げる上で何らかの意味を成してくれるんだろうか。

3.ブログ、ブクマとの棲み分け問題

アウトプットツールとしては、すでにはてダとはてブを活用しているので、これ以上増やす必要があるのか疑問に思う。従来のツールとTwitterとの間に明確な差異があれば良いのだが、それもあまり感じられない。Twitterを使い始めると、ブログ等で発していた言論がすべてそこに集約されてしまう可能性もあるらしい。

ブログとTwitterで何が決定的に違うかといえば、おそらく構想時間の長さだ。ブログだと何かを書こうと思ってから、実際にエントリーを上げるまでにある程度の時間が設けられ、大体は熟慮を重ねてから発言に至る。一方のTwitterは字数制限などの点から、そこまで考えなくとも反射的に発言ができそうだ。これにより「熟慮」する習慣が奪われるのは、ちょっと避けたいかなと考えている。

だけど

外からbuzztterなどを見ていて、Twitterは非常に魅力的なサービスに思える。リアルタイムな動きに乗っかってみんなで好き勝手なことを言い合うのはとても面白そうなのだ。そして実際問題便利だ。情報のやり取りが驚くぐらいスムーズに進んでいくので、これはフィードやブクマでは体験できない情報世界なんだというのが見ているだけでもよくわかる。確かにTwitterは素晴らしいサービスなんだ。

だから、余計に困るのだ。3つも理由を並べ立ててはみたけど、実際かなり揺れている。いや、3つというか厳密に言えば1.が非常に大きな問題なだけであって、あとの2つはたぶん何とかなるだろうと思っている。うん、まあ要するに「非コミュ乙!」ってことなんだ。まさかネットでもコミュニケーション弱者が生きられない場所があったとは……!

と、いうわけで、どういうわけで、実はアカウントだけすでに取っている。

くろじゅ (@chroju) op Twitter

あとは誰をフォローするかだ。マジで誰をフォローしたらいいんだ。みんな100人とか200人とかどっから見つけて来てるんだ……。たぶん、僕はいろいろ考えすぎ。そんなに深く意識しないで、適当にフォローして適当なことつぶやいていればいいんだろう、Twitterってのは。うん、そうなんだろう。ま、まあ、時間をかけてゆっくり慣れていけばいいのかな。

追記(09-08-14 21:30)

表題は「やらずにいた」と過去形にした方が良かったと今気付いた。「きゃっふきゃっふ楽しんでやがって、Twitter充氏ね!」というTwitter否定・やりたくないエントリーではなく、「興味はあるけど知らない人フォローとか怖いです><」というツンデレエントリーとして読んでいただけると幸いです。取りあえず現時点で20人(bot含む)フォローしてみました。徐々に慣れていきまふ。フォローして下さった方、ありがとうございましたー。

追記2(09-08-15 22:45)

追加エントリー書きました→ Twitter本格使用開始から1日経ちました - 一詩人の最初の歌