読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのねこがうたうとき

物語偏愛者の詭弁と戯言

就活:私はどこから来てどこへ行くのか

働くこと学ぶこと

ここらで現段階で考えている志望業界などまとめておきましょうか。自分用メモ、あと経歴紹介も兼ねております。まーあまり他人が読んで参考になるものではありません。単に自分のスタンス、立ち位置を示すだけのものです。

あくまで現段階。業界研究もまともにしていないので、これから変わる可能性は多いにある。

マスコミ

マスコミは一応、大学入学当初から一貫して目指してきたもののひとつ。大学選びも実はこの目線を基軸に行っていて、当初は私立のマスコミュニケーション学部とか、そういうのも考えていた。しかし私立に行くお金は残念ながらなく、その道は断念。国公立を主眼に改めて考え直したとき、「ならばせっかくだし、もっと大きい視点に立ってみようか」ということで、かなり扱う学問の幅が広い社会科学系の学部に入学。その後新聞部でサークル活動をしたり、バイトで新聞社の中に入ったり、ゼミでマスコミュニケーション論を扱ったりと、自分なりに勉強をしながら今に至る。

結果として、マスコミ業界に入りたいという気持ちは入学時より薄れてしまった。「世の中には知らないことが実はいっぱいあるから、それを知らせる役割を担いたい」という理由でマスコミを、もっと言えばジャーナリストを考えていたのだが、マスコミはそんな崇高なものではないと気が付いてしまった。彼らは結局のところサラリーマンである。また先に挙げたような動機は思い上がり、不遜な態度でもある。

マスコミを志望業界の軸におくか否かは、今後最も検討しなければならない課題だ。

IT業界

もうひとつ、自分の単純な興味関心だけを考えれば、IT業界が候補として挙がってくる。文系の自分が何を言うーの感はあるのだが、実際好きなんだもの、しょうがないじゃない。別に技術職じゃなければ文系だって就けるし、文系でもSEやっている人はバンバンいるし。

はてなやらTwitterやらに結構顔出しているところから想像つくかもしれないけど、ギーグの真似事をしたいというか、そういう変な欲はある。僕がPCを初めて触ったのは10年ぐらい前、小学校高学年の頃で、その頃はHTMLをやけに真剣に学んだり、まだ日の目を見ていないJavaScriptで簡単なゲームを作って遊んだりしていた。だが、その後中高ぐらいの間をほとんどPCに触れずに過ごしてしまったので、あっという間にPCに疎くなってしまった。中高通じてずっとプログラミングでも弄ってたら、きっと今はまったく違う道にいたんだろうと思う。後悔しているわけじゃないけど、惜しかったなとは少し思う。

IT業界に就きたいという思いは、心のどこかにある。だがそれがまだ確かなものなのかわからない。また文系の自分が、一体どういう仕事を任せてもらえるのかも実感が持てない。というわけで、夏のインターンはTISなど数社のIT関連会社に応募している。通ったのは虚しくもTISだけだったのだが、この機会を活かして、自分が本当にこの業界に進む気があるのか吟味してきたい。

その他の業界

そしてこれ以外の業界、現時点ではまったくと言っていいほど考えていない。もう少し選択肢の幅は広げたいと思っているので、これから考えなければならないのだが。おそらく、他の業界についてもっと広い見地を持つことが、今の僕の最重要課題。せめて8月までには主要な業界を概観しておきたいところ。


以上、参考に……って誰の参考になるのかよくわからんけど、取りまとめでした。