読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのねこがうたうとき

物語偏愛者の詭弁と戯言

ファミマミクさんがうちにやってきた

音楽・VOCALOID サブカル

DSC_0124

うっわビックリしたー。欲しいとは思ってたけどまさか一発で当てられるとは。ミク loves ファミマキャンペーンでやってるHappyくじ、まぁ戯れにと思って3回ほど引いてみたわけですが、それがA賞D賞E賞とかどんだけ運が良かったのか確率計算したくないこわい。なんでこんなとこで運使ってるんだ俺……。明日にもミクさんの声だけ聴こえない病気とかになってもおかしくないレベル。ヤバい。

実際当たった瞬間は喜びより驚きと「えええええどうしよう!!!!」という焦りの方がでかくって、レジのおばちゃんに「あら一回で当てちゃってすごいわねー。さっきの人も一回で当てたのよー」とか言われても「ぇ……へぇ……そなんスか……」なんていう2chのコピペレベルに月並みなオタク風コミュ力しか発揮できない有様でした。コンビニのおばちゃんってなんでもれなく田舎のおばあちゃんと同じ口調してるんですかね。「あらくろちゃんすごいわねー、お勉強できるのねー」とかお盆に里帰りしたときに言われたときの小っ恥ずかしさを思い出しましたよ。その後「D賞のクッション2種類あるけど?」とか、「E賞のグラスも3種類あるのよ?」とか言われたような気もしますが、多分「ぁ……ぇと……これで……」しか言えてなかった。選べるなんてこと頭から完全に抜けてて、最前列にあるのとっとと掴んでとにかくこっから離れたい!って思いでいっぱいいっぱいでした。結果的に欲しいの取れてたから良かったんですが。どんだけ恥ずかしがっとんねん、俺。

しかし本番はその後ね。帰り、どうするのかっていうね。帰りがけにおばちゃんが「帰りは電車?」ってちょっと心配そうに聞いてきたけど、すげーなーこの人よくわかってんなーって今思い返してみて感心します。でっかいクッションとフィギュアぶら下げて、新宿から帰宅ラッシュの電車に乗るとか羞恥プレイにも程があるわけですよ。運良く自宅から2駅ぐらい先までバスで行けたので、なんとかエクストリーム帰宅は免れて帰れましたが。

まぁとは言うものの、俺がそこまで恥ずかしがる必要もないぐらい、初音ミクの存在は広く知れ渡ったものになりつつあるってことなんですかね。冷静に考えてみてファミマですよ。業界トップのコンビニとまではいかないものの、全国展開している超有名チェーンでキャンペーンやれるぐらい、なんか、すごいとこまで来たのだなーと。初音ミクオワコンになる日というのが、わりと本気で想像できないんですがね。たぶんこのブログで言うのはもう10回目ぐらいじゃないかって思うんですが、ミクさんマジ女神。