そのねこがうたうとき

物語偏愛者の詭弁と戯言

iPad用ウルトラスリムキーボード買ったった

iPad用のキーボード(TK710)買った

わりと衝動買いで買ってしまった。そこここでちょっと話題になってた、ロジクール販売のiPad用ウルトラスリムキーボード、TK710。

私はQWERTYこそ最も速く頭の中身を外に出せる道具だと信じておりますため、これまで何度かQWERTY端末を買い替えてきたわけでございます。はじめはポメラ。これには大学時代大変お世話になりましたが、やはりネットができないというのが、調べ物をしながら物書きしたいときなどに辛かったり。次にリュウドのスマートフォンBluetooth折りたたみキーボード。これはなんというか、私が持っているAndroid端末(情弱れぐぽんフゥッフゥwwwww)がクソすぎて使えませんでした。で、続いてがiPad2。これ、わりと最適解に近かったんだけど、やはり長文打ちたい時には辛かったり、タッチパネル故にホームポジションへ指を置き続けることができず、常に空中にプラプラさせてなきゃいけなかったり。まぁそんな紆余曲折の末に、コイツに行き着いたわけです。

使い勝手としては、悪くない。このブログを今ちょうどTK710で書いているわけだけど、iOSの外付けキーボード用IMEの挙動が気に入らないことを除いては、わりとサクサク打ててます。ウルトラスリム故に、キータッチがかなり浅い点が多少辛くはあるけれど、慣れればなんとかなりそうな雰囲気。

むしろ不安なのが、iPadを立てかける部分。ゴムのテープを貼っただけのただの溝に立てかけるだけなので、なんだかそのうちバキッといったりしないかと怖い思いをしてます。こればかりは使い続けなければわからないけど。

iPadがウルトラブックっぽく

あと、このキーボードはiPadカバーの役割も持っているので、収納する時に写真のようにウルトラブックのような外観になるのはかなりいい感じ。なのだが、この状態で出先に持って行き、仮にキーボードを使わないとなった場合、この300g超のカバーはかなり邪魔そうな気がする。というか、長文打つ時以外はこんなもん絶対使わないので、おそらく邪魔になる機会の方が多くなりそうな……。その辺、気になりそうな人はもっと小さいキーボードとか、折りたたみとか買った方が幸せになれると思います。

ちなみにいろいろキーボードショートカットも使えるようなので、リンク貼っときます。VoiceOverでなんちゃらという件は、あまり使いやすくはないけど知っとくと便利かも。