そのねこがうたうとき

物語偏愛者の詭弁と戯言

女の子を「集めたい」という欲望

モバマスはね、わりと冷めた目で見てたんですよ。バッカじゃねーのって言ったら言い過ぎだけど、要は絵じゃないですか、アレ。で、ゲームの中で頑張らなきゃ見つからないんならまだしも、2chまとめサイトとかTumblrとかでじゃんじゃん流れてるわけじゃない。だから頑張って課金しなくても(著作権的な話を別にすれば)簡単に手に入るわけだし、そんなもんになんで金と時間かけるんだろうなーってのは率直に言って不思議だった。

ただ、可愛い女の子とか好きなキャラ出ねーかなーと思ってランダムで絵を吐き出してくれるマシンを回し続けるってのはわりと理解できて。というのも自分はTumblrをやってるから、まぁモバマスと似たようなことをしていることになる。Tumblrって要するに「無料で無限に回せるガチャ」なわけで。暇な時なら1時間とか回しちゃったりしますものね。もっと良い眼鏡っ子がもう一つ先のポストにいるかもしれない、いやあと5分回せば出るかも……!みたいな。あのやめられない止まらない感というのは確かにわかる。でも、金を払ってまでTumblrやるかって言ったら、たぶんやらない。俺ってトレカとかねんぷちみたいなランダム封入の類はあまり買わんのですよね。つい中古で確実に手に入る方に走ってしまって。ただ、ランダム故のwktkとかもあるんだよなというのは、わかるつもりではいる。

で、次にやってきたのが艦これである。今はもうやらなくなっちゃったけど(早っ)、これはハマった。ハマりかけたぐらいが正確? 戦って、資材を集めて、集めた資材を配分考えながらぶち込んで、出来上がる艦娘を見て一喜一憂する。これも基本的には無料のゲームなんだけど、資材を擬似通貨としてみなせば、Tumblrよりはモバマスに近い代物だったかもしれない。そう、艦これは1日に回せる「ガチャ」の回数に制限がある。堕落の極みに達しているTumblistaとしては、これはなかなかに苦痛であった。よく言うところの「ぜかましちゃん出すのに◯日かかった」みたいのも経験しまして。1週間で出たから、比較的早い方だったとは思うけど。

艦これをやってみてわかったけど、そこらへんに落ちている艦娘の画像を拾ってローカルのフォルダに落とすのと、実際に艦これをプレイしてゲームの中でお目当ての艦娘をげとするのとでは、感覚が全然違う。単にかわいいイラストを眺めて楽しんでそれで満足できる場合も確かにあるんだけど、そうじゃなくてちゃんと自力で手に入れて、自分で女の子たちを「集めた」という感覚が快感をもたらしてくれる。なんというか、まとめスレとかに貼られたぜかましちゃんはどこの誰かもわからんぜかましだけど、ゲームで手に入れたぜかましは「俺の」ぜかましなんだよね、感覚的に。自分でもキモいこと言ってるのはわかるんだが、ここってすげー重要なんだと思う。たぶんモバマスをプレイするってのもそういうことで、ちゃんと自分のお金でガチャ回してアイドルを迎え入れて、自分の元にやってきた彼女たちでパーティ組んだり?するから意味があるのだと。レアカードのイラストをどこかでネタバレ食らったところで、それじゃ意味ないんだよね。

構造としてはギャルゲと一緒なんだろうなー。艦これにせよモバマスにせよ、キャラが自分に向かって話しかけてきてくれるって感覚はギャルゲと共通しているし、CGを集めるってのも同じ。頑張ってプレイして、その結果として自分に向き合ってくれる女の子を手に入れていくことによる多幸感。あー自分で書いててやっぱりキモいけど要はそういうことなんじゃないのかなー。それがゲームの人気を底上げしてるんじゃないかとかとか。

ただやっぱり、これじゃ説明つかないのはCookie Clickerなんだよな……。まぁ女の子かどうかってあんま関係ないのかも。最も原始的なところでスライムぶち倒しながらレベルを上げて徐々に強くなっていって装備やアイテムをジャラジャラ増やしていくあの感覚と共通していればなんでもいいのかもしれない。反物質ババアでもなんでも。ちなみにCookieは1億5000万cpsぐらいまでいきました。でもブラウザのCookieを原則保存しない設定にしてたの忘れてて、ブラウザ再起動したらCookie全部消えてました。あんま努力した感じなかったからあんまりショックもなかったからいいんだけど。来週末には誰もプレイしてない気がする。クッキー。