そのねこがうたうとき

物語偏愛者の詭弁と戯言

45分たった1500円で管弦楽を聴いてきたなど ~ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン~

Photo

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンに行ってきた。普段クラシックなんてさっぱり聴かないけど、このイベントはよかった!

なんじゃそら?って人向けに簡単に言うと、短時間かつ低料金のクラシックコンサートを3日間複数会場使って開催しまくるっていう祭典です。要は普段クラシック聴いてないような人たちでも気軽に聴いてもらおうぜっていう趣旨らしく、自分が行ってきた丸の内・大手町開催のものでは商業施設のロビーなどで無料のコンサートも数多く開かれてました(公式サイトによれば無料公演約200、有料公演約100が開かれてたっぽい)。なお、自分はこの日午前中文フリに行ったりしてたので、存分に楽しんだというわけではないんだけど、それでも30分の無料公演を3本、45分2500円の有料公演を1本楽しめました。

まー何がいいってすでに書いた通り敷居の低さね。クラシックってどうしても近寄りがたいというか、1万円近く払って2時間お昼寝しに行くような感じになってしまうイメージがあるんだけど、このイベントでは1公演あたりが45分と短い上に、席を選ばなければ1500円とかで聴けちゃったりする。なのでクラシック入門として気軽にサクサク鑑賞できて良い感じです。

そして街全体が音楽の祭典というか、今回の丸の内の例で言えばKITTE、丸ビル、オアゾ、東京駅地下とかいろんな場所で無料公演をやっているので、ぶらぶら買い物しながら(正確に言えば丸の内で買い物する金などないのでウィンドウショッピングだが)歩き回り、ちょうど演奏が始まっていれば立ち止まって聴いていくようなホント気軽な感じでたくさんの音楽を浴びられます。この感覚はなかなかに楽しいですよ。最近街ぐるみのアートイベントとか多いけど、それに近いかも。日常の中に芸術が埋没するような感覚は個人的に大好きなのです。

難点としては、ふらふら気軽に聴きに行けるとはいえ、すでにかなり名のあるイベントになっているので、前日までに相当数のチケットがはけてしまっていること。だからその場で思い立ってチケット買ってみる、というような回り方はちょっと厳しいかも。クラシックって聴いてみたいとは思ってたけど今まで機会がなかったという人は、来年分の予約が始まったらすぐにチケットぴあを漁った方が良さそうです。

すでにかなりの来場者数を誇るイベントになっているけど、やっぱりこういう「文化の裾野を広げる」ための試みというのは重要だなと思います。初学者を笑うのではなく、いいから1回来てみてよ!と招いてみるの、ほんと大事。良いイベントでした。