読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのねこがうたうとき

物語偏愛者の詭弁と戯言

『たまこラブストーリー』見たけどやっぱし京アニ好きです ※微ネタバレ


映画『たまこラブストーリー』予告編 - YouTube

見た。とりあえずアレだ。主役はみどちゃんですよ?

劇場版になって、デラちゃんがいなくなり、「恋愛」というベタながらもちょっぴりシリアスな要素が絡むことで、なんだか雰囲気が変わったなーという第一印象でした。でも昔自分が書いたたまこま感想読み返してみると、それほど大きく変わったんじゃなくて、確かに劇場版はTV版の延長線上にあったんだなということがよくわかる。

日常の肯定。世界の肯定。それが「たまこ」の作品の根底にあるもので。テレビではデラという「ファンタジーの世界からやってきた鳥」を通じて書かれていた日常が、映画では進路や恋愛といった、これまでたまこが馴染みのなかった「明日の世界」を通じて描かれる。ただそれだけのこと、視点が変わっただけのことで、何も変わってないんだよな、としみじみ思う。そして最後は日常に戻ってくる。豆大の「帰ってこいよ」っていう台詞は、本当にあの商店街へ戻ってくるかどうかというよりは、帰る場所があるんだってことが重要であって、だからこそ心に響くわけで。

それにしても、王道なストーリーを繊細に演出するのが本当に上手くてため息が出る。要所要所の会話に対する、みどちゃんの声にはなっていないわずかな反応(ゆらぎ)とか、告白されて走って帰ってきたたまこがふと気付いたらコンタクト無くして周囲が見えなくなっちゃってるとか、あと最後の暗転はもうね、もうね。。丁寧な画作りだったら京アニは群を抜いているんじゃないかしら。以前から演出には気合い入っているとは思ってたけど、『氷菓』『たまこま』あたりからかなりズバ抜けたように思う。あと山田監督相変わらず足フェチだなホント。。。訂正。足演出素晴らしいなホント。

しかしまぁ繰り返しになるが、主役は誰が何と言おうとみどちゃんである。休校の教室での「ありがと、かんな」の台詞で私は一番泣きそうになりました。二人のラブストーリーを主軸に置きながらも、たまこまでは舞台装置でしかなかった色んな設定をきちんと拾って紡ぎ直しているあたり、すごく好感の持てる映画でした。