読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのねこがうたうとき

物語偏愛者の詭弁と戯言

ネタの鮮度が落ちるとエントリーを上げる気は鈍る

ブログ

 どーもブログ始めてみて気づいたことが多いためか、ブログ関連エントリーが多いですね。てわけでカテゴリ新設しました。しばらくはこの勢いで増えそうな予感。

ブログのネタをメモっておくという試み

 さて、ブログを書くにはネタが当然ながら必要ですけど、ネタはいざPCに向かっているときにだけ降って来るものではないです。日頃生活している中でネタが見つかることも当然ながら多々あるわけ。で、そのネタを携帯とかですぐエントリーにできてしまえば一番いいんですが、自分の場合どーも携帯で長文書く気がしないので、メモだけ取っておくという形にしてみました。

 でもメモってのは、見直さない限りはまったくもって無駄なものです。「ちゃんとメモしてあるから、後でいいだろう」という安心感も生まれます。そんなわけで2日ほど放置していた「ネタのメモ」があったのですが……。

 先ほど見直したらまったくもってエントリーを上げる気が湧いてこない。こりゃどうしたことか。

「エントリー書きたい」というのは情熱の一種

 思うに、エントリーを上げるに必要なものは、ネタ単体だけじゃないんですよ。そこには情熱というか、何かしらの感情が伴います。

 例えば何かニュースに触れて、「お、これについて俺は詳しいことを知ってるぞ!」と思ってエントリーを上げたくなったとしたら、そこには「俺の知識を広めてー!」という情熱があるわけです。ただ単に「あーこれとかエントリーにまとめたら面白くなりそうだよなー」と思っただけじゃ、エントリーを上げる気力は起こらないんじゃないかと思います。

 だけど感情ってのは言うまでもなく「ナマモノ」なんですよね。時間が経つと萎えてしまう。エントリーを上げたい気になって、何かメモを残す。そしてそれを後から見直す。すると見直した段階では、最初にメモをした段階よりも、良い意味でも*1悪い意味でも冷静になっています。うっかりしたら「あー、これかー……。なんで俺上げたい気になったんだろうなー……確かにネタは面白いんだけど」ぐらいに思ってしまうほどに。

 先の自分で言えば、はじめにエントリーを上げる気になった理由は「怒り」でした。電車の中でたまたま見た中吊りに「なんだこれ!? これはひどい! エントリーを上げなくては!」と思ったのです。しかし、後からメモを見ると、「別にそこまで怒ることでもないな」と思ってしまいました。

ネタは熱いうちに上げろ

 実際問題として、携帯でも使わなければ「ネタを見たらすぐ上げる!」ってのは難しいでしょう。長文エントリーを上げるには時間も必要ですしね。だからせめて1日。その日に見つけたネタは、その日のうちにエントリーでアウトプットすべきじゃないかって思います。1日に複数エントリーを上げるのが気にいらないなら、下書き保存しといて上げるのは後日に回せばいいですし*2

 やっぱり食事もネタも、熱いうちがいいみたいです。

*1:客観的にネタの質を吟味できるって面は「良い意味」でしょう

*2:この場合も、後から読み直したら「やっぱこれ上げたくねェ……」と思ってしまう可能性がありますが