the world was not enough

物語偏愛者の詭弁と戯言

2019年4月 - きのう何食べた? / キャロル&チューズデイ / Roid -ロイド- 他

今期は『キルラキル』と『けいおん!』の再放送があり、渡辺信一郎監督作品があり、幾原邦彦監督作品があり、というところで4枠も埋まってしまったので以上です、ありがとうございました、という気分です。この2監督の新作が見られて、再放送とはいえ TRIGGE…

『弘前さくらまつり』と桜ミクとふらいんぐうぃっち

平成から令和の変わり目にかけては東北をぶらぶらしていました。青森と福島と仙台。メインで据えていたのが弘前で。というかさくらまつりで。というか桜ミクで。 初音ミクブログ更新 【その他(お知らせ)】桜ミクが「弘前さくらまつり」公式応援キャラクタ…

wowaka - 笑って泣いて 踊っていいよ 踊っていいよ

wowaka 『アンノウン・マザーグース』feat. 初音ミク / wowaka - Unknown Mother-Goose (Official Video) ft. Hatsune Miku 言葉もありません。ボカロPってなんだか、メジャーシーンのアーティストに比べて勝手に身近に感じてしまうことがあって、こんなに堪…

2019年3月 - SPY×FAMILY / 機動警察パトレイバー / この星の光の地図を写す 他

今季は何年ぶりかにアニメは一切完走しないシーズンになりました。とあるアニメが非常に評価されていたのは知ってたんだけど、どうも作品自体の評価よりも政治的、感情的な声が大きく聞こえてしまって近づき難くなってしまって色々残念だったなぁと思ってま…

『ファースト・マン』 - giant leap for a man

映画『ファースト・マン』特報 デイミアン・チャゼルの映画をこれで3作品見てきたが、これが一番好き。『LA LA LAND』の音楽もサントラ買うほどには好きだったし、三者三様の良さがもちろんあったんだけど、チャゼルが何を伝えたいのか、どんな人間を描きた…

2019年2月 - mono / Oxygen Not Included / アイ

2月は転居したりインフルエンザにかかったり、その他にもいろいろと忙しくてエンタテインメントを楽しむ暇というのが全然無くってブログも全然という感じでした。なんか知らないけど見たい映画って溜まるときにはやたらと溜まる傾向にあって、『ファーストマ…

2019年1月 - ゾンビランドサガ / トクサツガガガ / 七花少女 他

ゾンビランドサガ C95 で、壁際ではない中の方のお誕生日席なのに行列ができていて通れないという経験を3回ぐらいして、なんだろうと見てみたらどれもゾンビランドサガだった、という経験をした。ヴィンランドサガじゃないんかい、っていうツッコミ待ちとし…

『映画 刀剣乱舞』 - ヒーローとしての刀剣男士

「映画刀剣乱舞」特報 時代劇というジャンルは廃れつつあるのだろうと思うし、自分もほとんど見たことがないが、結局のところ刀を使った派手な立ち回りと、筋の通ったヒーローの活躍というものは、この国では世代を越えて好まれるのだろうと思う。顔のいい男…

『平成ネット史(仮)』 - それぞれに自分のネット史がある幸福

www4.nhk.or.jp 自分は落合陽一と同い年なので、ということは平成とも同い年みたいな感じで、だから平成ネット史というのは、自分が産まれてから今までを振り返るのと、ほぼ等しい話になる。実際に自分がインターネットに初めて触れたのはおそらく小5か小6な…

2018年12月 - C95 / 3月のライオン / 象られた力 / never 他

コミックマーケット95 平成最後のコミケだそうです。言われて気付いた。まだ平成の終わりと言っても、まだもう少し時間あるでしょうとなんとなく思っていたけれど、あと4か月に気付けば迫っていて、来年の夏コミの頃にはもはや新元号という。早いもんですな…

『SSSS.GRIDMAN』 - 君を退屈から救いに来たんだ

以前に書いた通り、 自分は電光超人グリッドマンをリアルタイムでは見ていなかった んだけど、それでも楽しめる作品だったというか、グリッドマンに限らず、かつて特撮ヒーローに憧れて、日常が塗り変わる光景を夢描いたすべての人たちに送られるような、そ…

2018年11月 - 仮面ライダーオーズ / ドリフターズ / Drop feat. 初音ミク 他

今月はあんまり余裕がなくて停滞気味でした。COMITIAと文フリに行きたかったのに断念してしまったけど、行けばよかったなぁという後悔。神田古本まつりには行ったけど。 仮面ライダーオーズ www.youtube.com 仮面ライダージオウのオーズ回。改変された世界で…

『ANEMONE』 - エウレカセブンとは何だったのか

映画 『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』 本予告60秒 重かった。封切り日初回上映が終わるぐらいのタイミングのTLは、それなりに絶賛の声が上がっていて驚いたのだけど、自分はこの映画を終わるなりすぐ絶賛できるような心情にはなれ…

2018年10月 - 文字渦 / SSSS.GRIDMAN / 九月の夜の鯨 他

円城塔『文字渦』 文字渦作者: 円城塔出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2018/07/31メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る 円城塔による悪ふざけと言ってしまうと軽いが、ここまで徹底した悪ふざけもそうそうないし、突き詰められた遊びというも…

内藤泰弘『血界戦線』 - Hello, world !

今更ながら、アニメ『血界戦線』第1期を Amazon Prime ビデオで見終えた。春ぐらいからチビチビと、チビチビと、終わらせたくない思いで少しずつ楽しんでいたけど、ようやく見終えた。これはここ数年で最高のアニメだった。自分にとって。 自分の好きな作品…

仲谷鳰『やがて君になる』 - 恋と理屈

恋は心でするだとか本能でするだとか、とかく考えても頭でどうしようかと思い描いてもその通りにはならないものであり、ままならないから恋なのだというのはよく言う話ではある。もうすぐ『とらドラ!』の Complete Blu-ray BOX が出るわけだけど、あのアニ…

2018年9月 - アニ雑団終了 / 犬はどこだ / ぱらのま 他

松井恵理子・松嵜麗の声優アニ雑団 ありがとうごさいましたーーー!!!!#アニ雑団 #AbemaTV pic.twitter.com/6seuzutPIO— 松井 恵理子 (@ErikoMatsui) 2018年9月18日 終わってしまった。アニメはそれなりに見るけれど、声優事情には滅法弱い自分がここ数年…

アニメ『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』 - キラめきの在り処

スタァライト、されちゃいました。 キービジュアルを見て、何か惹かれるものがある作品だなと思っていた。聴けば監督は古川知宏で、ということは幾原邦彦の系譜なわけで、言われてみれば騎士風の衣装に剣を持った少女たち、意味がわかるようでわからないよう…

kashmir『ぱらのま』を読んでサンライズエクスプレスへ乗りに行った

ぱらのま 1作者: kashmir出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2017/01/31メディア: コミックこの商品を含むブログ (6件) を見る kashmir の『ぱらのま』がすごく好きで。鉄分多めのダウナー系女子が、鉄道を使って一人旅をする、ただそれだけの漫画なのだけど、…

2018年8月 - C94 / カメラを止めるな! / 天国大魔境 / jizue

※本エントリーには映画『カメラを止めるな!』のネタバレが含まれています。 コミックマーケット94 「平成最後の夏コミ」という響きがエモかったので、急に思い立ってカタログもほとんど見ずに2日目だけ立ち寄った。台風が過ぎ去って幾日、最高潮の湿度と温…

初音ミク『マジカルミライ2018』 - ひっくり返す11年目、グリーンライツが彩る未来

2014年以来の大阪東京2か所開催となった今回、せっかくなので両方に参加することにしてみた。大阪、過去にはUSJ目的で行ったのとオフ会目的で行ったのの2回しか記憶になくて、実のところあんまりちゃんと観光したこともなかったのだけど、エネルギッシュな街…

映画『ペンギン・ハイウェイ』 - 世の果てへの旅

映画『ペンギン・ハイウェイ』 予告2 石田祐康監督とスタジオコロリドが手がける初の長編タイトルが『ペンギン・ハイウェイ』になったと知ったときは、これほどまでにマッチする組み合わせがあったものだろうかと、快哉を叫びたい気分だった。石田監督がこれ…

2018年7月 - ナナシス武道館ライブ / メイドインアビス / 自宅でFUJI ROCK 他

Tokyo 7th シスターズ メモリアルライブ『Melody in the Pocket』 武道館を出たぐらいのとき、わちゃわちゃとした人の群れの中から「ナナシスはアニメをやっていないのに、これほどの物語性を持って、エモいライブを作れるというのはすごい」というような話…

細田守『未来のミライ』 - 親のいない場所で子どもが成長すること

「未来のミライ」予告 あまり見るつもりがなかったものの、冒頭に流れる予告編の中で『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の特報がゲリラ的に公開されていると聞き、急遽見てきた。急遽というのは本当に急遽で、たまたま映画館の近くにいたとはいえ、エヴァの情…

『ニンジャ・バットマン』と『天の光はすべて星』から見る中島かずき

『ニンジャバットマン』本編冒頭映像 特に意識していなかったのだけど、中島かずきフィーバーがなんとなく自分の中で起きている。日曜に中島が脚本を書いている映画『ニンジャ・バットマン』を見て、月曜には中島が解説を寄せているフレデリック・ブラウン『…

2018年6月 - 四月の永い夢 / 堀江敏幸 / fhána Tour 2018 他

四月の永い夢 「四月の永い夢」冒頭映像 各国の映画は、その国独特の色を帯びることがあって、邦画にもまた日本独自の色というのが出ていることがある。うまく表現できないけど、まぁこの国の四季にフォーカスした、例えば夏の喧騒や日光の強さを表現すると…

阿久津隆『読書の日記』と、fuzkueというカフェについて

読書の日記作者: 阿久津隆出版社/メーカー: NUMABOOKS発売日: 2018/06/20メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る お気に入りのカフェの店主が商業出版で本を出す、という、おそらく今後生きていても二度とはないかもしれない経験をした。 新宿と…

米代恭『あげくの果てのカノン』完結

あげくの果てのカノン 5 (ビッグコミックス)作者: 米代恭出版社/メーカー: 小学館発売日: 2018/06/12メディア: コミックこの商品を含むブログ (4件) を見る 愛を貫くことは美徳とされる。それは純愛とも呼ばれ、一時は献身的な愛をテーマにしたドラマや映画…

『HUGっと!プリキュア』- 誰だってヒーローになれる

【ニュース】『HUGっと!プリキュア』第20話よりあらすじ・先行場面カットが到着!キュアマシェリ&キュアアムールの変身シーンに注目! #precure #プリキュア https://t.co/RLprr4xO8r pic.twitter.com/Mg8iEbd6Wt— アニメイトタイムズ公式 (@animatetimes)…

2018年5月 - 舞台『1984』 / ゼロの執行人 / ソラリス / 恋は光

舞台『1984』 言わずとしれたジョージ・オーウェルのディストピアSF。トランプ政権誕生後によく名前を聴くようになったし、シンプルにあの世界観を演じるというのは面白そうだと思い見に行った。ちなみに海外ではなんかすごいことになってるとか。日本版は演…