そのねこがうたうとき

物語偏愛者の詭弁と戯言

福島鉄平作品が今無料で読めるんで読みましょう

この記事読んで瞬間的に思い出したんで瞬間的に書きますが。

福島鉄平先生の読み切りが今無料で読めるので取りあえず有無を言わさず読みましょう。明後日までしか公開期間ないのでとっとと読みましょう。

ジャンプ読んでる人には「サムライうさぎの人」と言えばそれなりに通じますが、たぶんそれ以外の方にはほぼ知られてない漫画家。ですがこの絵柄、雰囲気でこの繊細な物語を描ける漫画家は稀有だし、つーかなんでジャンプにいるんだよ!と思わざるを得ない。かわいい絵柄に油断をしているとごっそり心を抉られる。でも不快感はない、この作風。高い画力をもってして容赦なく現実の残酷さを描き切る姿勢に好感が持てます。特にこの特集では「ルチア・オンゾーネ、待つ」が傑作だと思うのだが、すでに公開終わってるんで短篇集の方買ってもらえれば良いのかなと。WJのランキング至上主義下では明らかに報われない(テーマが一般受けしづらかったり、あと正直短編の方が構成が上手い)作家だけど、こうして取り上げられていることはとても嬉しいし、そういう機会に知名度が上がるとな、と思う。最近は集英社、単なる弱者切り捨て戦略ではなく、こういう「作家の特性を活かした売り方」を考える試みが少なくない気がしていいですね。

ところで福島先生、自分は『red』が初見だったので、『サムライうさぎ』見たときの作風の変化には心底驚いたものでした。『red』のときは絵柄も暗くてテーマも重く、本当に救いがないような状態だったので、まるで童話のような世界観をもたらす今の絵柄に変えてきたのは英断だったな、と私は思います。